1. TOP
  2. 北キプロス共和国

北キプロス共和国

 2014/04/27 キプロスへ行ってみて
この記事は約 2 分で読めます。 414 Views

s-Akiko08164-10-1
北キプロス共和国は、南キプロスと比べ、様相が一気に異なります。数十メートル歩いただけでここまで印象の変わるところと言う場所は世界でもそうそうないのではないでしょうか。

北キプロス共和国に一歩入るとそこはもう、トルコの文化の世界です。通貨単位もトルコリラに変わります。(ユーロでも使えるお店は多くあります)待ちゆく人もイスラム教徒に変わりますし、看板などの表記もトルコ語になります。街の中心にあるモスクにはトルコの国旗、そして北キプロス共和国の国旗が掲げられてます。
s-Akiko08164-10-2
文化や宗教の違いのみならず、EUの影響を受けて大変現代的になっている南側(EUには南キプロスのみ加入)に比べ、昔ながらのアンティークショップやベリーダンス用のストールが売っているお店なんかもあります。基本的には国境周辺に見どころが集まっていますので、歩いて日帰りで十分観光できるでしょう。街では普通なのでしょうが、我々から見るとアンティークで趣のある建物で、若者たちが楽しそうに昼食をとりながら団欒していました。ニコシアの争いの暗い影を見せない、明るい彼らの様子に少しほっとしました。ですが、全体的な印象としてはやはりEUに入ったことにより発展が著しい南に比べると、寂れている様子がぬぐいきれませんでした。それでも、自分たちの文化や信仰を守り抜こうとする強い意志も感じられました。

同じ国の中にあり、歩いて簡単に越えられる国境で、一瞬にして文化が一変するという貴重な経験が得られるkの場所は、キプロスに訪れる際は必ず行ってほしいところです。

\ SNSでシェアしよう! /

キプロス旅行記の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キプロス旅行記の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

この人が書いた記事  記事一覧

  • 北キプロス共和国

  • ニコシアの国境通行

  • ラルナカですべきこと

  • ラルナカ観光

関連記事

  • キプロスの生活情報

  • パフォスでのトラブル!

  • 新たに宿さがし…ラルナカヘ

  • ニコシアの国境通行

  • ラルナカのホテルと滞在